こんにちは。
海老名すずらん整体院です。

ぎっくり腰 画像

突然やってくる強い痛み、ぎっくり腰。
痛みが出てしまってもどうすればいいかわからない、、、
という方もいらっしゃいます。

今回は「ぎっくり腰」の対処法についてお伝えしていきます。



ギックリになったらどうすればいい?

① 患部を温めない!冷やす!


温めない👉
ギックリ腰になった直後は熱を持ち、炎症を起こしている可能性が高いです。
炎症を起こしているにも関わらず入浴を行い体を温めてしまうと、火に油を注ぐことに。
さらに痛みが強くなってしまう可能性が高いので、シャワーのみにしてくださいね。

冷やす👉
アイシング 氷のう
痛めた際、初期処置でアイシングできるかできないかで、その後の治りのスピードが変わってきます。
上の画像のような氷のう、もしくはビニール袋に氷と水を入れて患部を15分程度冷やします。
水を入れることで「冷やしすぎ」を防ぐことができます。
氷のみだと冷えすぎてしまい凍傷を起こしてしまう可能性があります。

15分冷やしたら休憩し、まだ患部の熱っぽさがあるようであれば再度冷やします。
20分以上長時間冷やしてしまうと凍傷になるリスクがあるので、長時間のアイシングは控えてくださいね。

② 絶対安静!

痛みが強い時に無理にストレッチ等をしたりしてはいけません。
無理に動かしてしまうとさらに痛みが強くなってしまいます。
とにかく安静にし、楽な体勢で体を休めます。

横向きに寝転がり体を丸め、膝を軽く曲げる
仰向けになり、膝の下に枕をいれ膝を軽く曲げるような姿勢がいいでしょう。


痛みが強い時はお手持ちのコルセットなどを用いて患部を固定してあげてもいいですね。
コルセットをすることにより腹圧が高まり、日常生活が楽になりますよ。
ただし、あくまでコルセットは痛みが強い時のみ使用するようにしてください。
痛みが落ち着いても不安だからとコルセットの着用を続けていると、
筋力が低下してしまう恐れがあります。

まとめ

いかがでしたか?
急性のギックリ腰になった際、間違った初期処置をしてしまうと悪化したり治りが遅くなってしまうことも。
アイシング・安静を心掛けてくださいね。

————————————–
海老名駅徒歩2分・ららぽーとすぐ前の整体院
【海老名すずらん整体院】

肩コリや腰痛、産後の悩みなどご相談ください!

ご予約は便利なLINE予約を♪
HPをチェック

SNSも元気に更新中♪
いいね.フォローは下記からどうぞ(^o^)
Facebookをチェック!
Instagramをチェック!
————————————–

Follow me!

1日3名限定!初回体験プラン