9月に入り、秋の足音が聞こえてくる、そんな毎日ですね。

でも日中はまだまだ暑い!

暑い日々が続いていたら、エアコンがんがん、逆に体が冷えてしまった。。。

なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

白湯 冷え

体の冷えは百害あって一利なし。

今回は冷えてしまった体を温める、白湯についてお話しします。

白湯ってなに?

白湯って何

白湯とは水を沸騰させて、それを適温まで冷ましたお湯のこと。

適温は40度~50度程度です。

あんまり温度が高すぎても体にとっては負担になります。

人間の体温より少し高め位がちょうど良いです。

白湯を飲むメリット

白湯のメリット

白湯を飲むと、胃腸が温められ内臓温度が上がり、内臓の動きが活発になります。

そうすると基礎代謝も上がり、冷えが和らぐ、痩せやすい体質になるなどうれしい効果が!

体温に近い温かいお湯は、冷たい水に比べて内臓への負担が少なく、吸収がされやすいんです。

なので体内の毒素を汗や尿、便にして体の外に効率よく排出することができます。

白湯の作り方

白湯の作り方

 

水道水を使う場合

水道水には塩素や不純物が含まれています。

なのでヤカンに水をいれ、沸騰させます。

沸騰したら弱火にして、そのまま15分ほど沸かします。

そしてマグカップに移し、適温まで冷ましたら完成!

マグカップが少し熱く感じるくらいがちょうどいいですよ。

 

ミネラルウォーターを使う場合

ミネラルウォーターで手軽に作れる方法です。

まずお水と耐熱のマグカップを用意します。

マグカップに水をいれ、電子レンジで加熱します。

500Wで1分から1分半温めてください。

 

完成しましたら、すするようにゆっくりと10分くらい時間をかけて飲んで下さい。

寝起きの白湯がオススメですよ♪

1日700ミリリットル位を目安に飲んで下さい。

まとめ

いかがでしたか?

簡単にできて、続けやすい白湯。

毎日継続して、冷えからおさらばしちゃいましょう♪

Follow me!

1日3名限定!初回体験プラン