妊娠するとお腹が急激に大きくなります。

そうすると注意しなければいけないのが妊娠線です。

一度出来てしまうとなかなか消えないのが妊娠線。。。

今回は妊娠線についてお話しします!

妊娠線とは?

ブログ 妊娠線

妊娠するとお腹が大きくなり、皮膚が急激に伸びます。

そのうちに、柔軟性のある肌の表面は伸びることが出来ますが、

弾力性のない皮下組織の一部が限界を超えてしまい、亀裂が生じ、赤紫色の線が現れます。

これを妊娠線と呼びます。

放っておくと産後も消えずに残ってしまうので、防ぐためのケアが大切です!

妊娠線を防ぐには

妊娠線を防ぐには、お腹が大きくなる前の早めの保湿ケアが大切!

肌が乾燥してしまうと柔軟性が低下します。

保湿をしっかりと行い、柔軟性を保つことが大切。

朝と夜、毎日2回保湿を行うように習慣をつけて行きましょう。

ブログ 保湿クリーム

お腹の膨らみが目立ち始めてくる、4ヶ月くらいから行うと安心です。

この時期から保湿をして肌を柔らかくしておくと、妊娠線が出来にくくなります。

7.8ヶ月で急激にお腹が膨らむため、この時期から出来はじめる方が多いです。

最後まで油断せずに、こまめに保湿してあげてくださいね♪

妊娠線はどこに出来るの?

ブログ 妊婦

・お腹・下腹

妊娠線のほとんどがお腹に出来ます。へそ周りなどの下腹から足の付け根、側面も忘れずにクリームを塗ります。

・お尻・太もも

太ももからお尻にかけても妊娠線が出来やすい部分です。

下から上に引き上げるようにマッサージをしながらクリームを塗ります。

・二の腕

妊娠前より太くなったと感じたら塗りましょう。肘から方に向けてマッサージします。

・バスト、デコルテ

バストは下から上へ引き上げるように塗り、デコルテは首から下にリンパを流すようにぬります。

まとめ

いかがでしたか?

妊娠線の予防は、とにかく早めにケアをはじめてあげることが大切!

お気に入りのクリームを見つけて継続的に行ってくださいね♪

 


 

————————————–
海老名駅徒歩2分・ららぽーとすぐ前の整体院
【海老名すずらん整体院】

肩コリや腰痛、産後の悩みなどご相談ください!

ご予約は便利なLINE予約を♪
HPをチェック(https://sei-tai.jp)

海老名すずらん整体院で検索!
————————————–

Follow me!

1日3名限定!初回体験プラン