こんにちは海老名すずらん整体院です!

ギックリ腰、一度経験されたことがある方なら二度とやりたくないと思いますね。日頃のケアを怠らなければ、ギックリ腰になるリスクは減らせます。それ以外にも大事なのが腰に負担をかかる使い方を減らすと言うこと。意外とやりがちなのが荷物を持とうとした際の受傷です。今回はギックリ腰を予防する荷物の持ち方をご紹介します。

ギックリ腰とは?

ギックリ腰といっても症状は様々。主に、筋肉性か関節性かにわけられます。突然、ビリッとした痛みと共に動くのが困難になることから、『魔女の一撃』とも呼ばれています。

  • 筋肉性…その名の通り、筋肉の繊維を傷めてしまうことで動くのがツライ状況です。
  • 関節性…関節になんらかの力が加わり炎症を起こしてしまい、動作の制限や痛みを伴います。

痛める原因は人それぞれ。荷物などを持ち上げる動作で痛める方が多いですが、くしゃみの衝撃などで突然痛みに襲われる方もいます…こわいこわい

 

腰に優しい荷物の持ち方

×股関節を曲げずに腰だけで持ち上げる

最もやってはいけない荷物の持ち方。前屈腰を曲げる動作は腰だけでなく股関節の動きもあるので曲がるようにできている。股関節を使わないと、ギックリ危険度MAX

×背中を丸めすぎる

背中が丸まっていると腹筋に力が入りにくくなってしまう。お腹に力が入らないと、腹圧が高まらず、カラダの軸がぐらぐらした状態になってしまう。


○背中を伸ばし、股関節を使いながらもちあげる

股関節を曲げ背中も伸ばす。股関節を曲げることでチカラがうまく伝わるようになり腰痛を防ぐことができます。

まとめ

いかがでしたか?物を持つときにちょっと気をつけるだけで腰に加わる負担は変わってきます。
意識して股関節を使いながら物を持ち上げてみましょう

□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

急なギックリ・ゆがみ

海老名駅徒歩2分・ららぽーとすぐ前の整体院
海老名すずらん整体院

予約はLINEが便利!HPからチェック

□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□


 

Follow me!

1日3名限定!初回体験プラン