捻挫予防に腓骨筋

長腓骨筋・短腓骨筋・第3腓骨筋 

【走行】
長腓骨筋)始まり:腓骨頭→終わり:内側楔状骨.第1中足骨
短腓骨筋)始まり:腓骨下部→終わり:第5中足骨
第3腓骨筋)始まり:腓骨下部→終わり:第5中足骨


【作用】外返し.底屈【支配神経】浅腓骨神経.深腓骨神経(第3腓骨筋のみ)

外くるぶし側から足の裏につく唯一の筋肉が腓骨筋群。不安定な足場などで、足首が安定するように頑張ってくれています。スポーツなどでも急なターンや、スノボー、スキーなどのウィンタースポーツでも大活躍の筋肉です。捻挫癖がある人はこの筋肉の強化も行わなければなりません。

 

進化の過程で「お引っ越し」した筋肉

足首の内側や前を通る筋肉は多いのですが、外くるぶし側を通る筋肉は腓骨筋群のみです。実は腓骨筋群も元々は前側を通っていたといわれています。しかしそれだと立っているときにバランスが悪く、足首を捻りがち…

そんな状況から外側につけかえてしまった!というわけなんです。人の身体は進化の過程で都合良いように筋肉の走行をも変えてしまう。まさに人間の神秘ですね!

Follow me!