「骨ストレッチ」2/7に放映された番組、ご覧になった方も多かったのでは。ホネストレッチを提唱されている松村先生がTVで紹介されていましたね。最近は本なんかでも話題みたいです。

とても理にかなった方法だな~と見入ってしまいました!猫背や肩こりにも効果の期待できるストレッチ。皆様にも良いモノはシェアということで本日のブログをお届けします!動画もリンクしますね!

鎖骨をつまんでカラダが曲がるようようになる!

①カラダを腰からひねる動作が驚くほど動く!
鎖骨をつまんで動かすだけでカラダが動くようになるという骨ストレッチ。

鎖骨って普段意識しないし、なんの意味があるの?って思われる方も多いですよね。じつはめちゃくちゃ重要な骨です!身体の『オモテ側の胸骨』と『ウラ側の肩甲骨』を突っ張り棒のようにつないでくれているのが鎖骨です。さらに胸骨には肋骨がくっついています。

あれっ?気づいちゃいました?

鎖骨に関連性

そうなんです!

鎖骨って身体の中心にある骨なんです。鎖骨が動かなければ、動きが身体全体に伝わらなくなり、腰捻れないし…肩回らないし…となってしまいます。

ちなみに鎖骨がもし骨折などしようものなら、肩はもちろん呼吸するのも辛いんですよ。鎖骨は骨折もしやすいので経験した方はわかりますよね(+_+)
(私も学生時代アメフトで鎖骨にヒビがはいった経験がありますが、服を着脱するのにもヒ~ヒ~言ってました…!)

肋骨をほぐして声がでるようになる!

②肋骨をほぐすことで姿勢がよくなり声にまで張りがでる!
肋骨を指でぐりぐりするだけで姿勢がピン~と胸が張れる骨ストレッチ

身体をほぐそうと思ったとき、腰や肩、背中は何らなの方法でほぐそうと思っても肋骨をグリグリやる人ってそうそういないと思います。

肋骨って角張ってるし触れると結構、痛かったりしますからね。やるとしたら、もむというよりはこするというイメージでしょうか。

肋骨は12本ありますが、その間には肋間筋といわれる筋肉がくっついています。この肋間筋が何に影響しているか知ってますか?じつはみなさん24時間いつも使ってます!

正解は、『呼吸』!

肋骨に手を触れながら深呼吸してみてください。肋骨が上下に動くのが分かると思います。

息を吸えなければ胸が開けません。細胞はイキイキしません。猫背になっちゃいます…

きっと番組内で声の張りが出た女性は「息をしっかり吸って吐けるようになった」のが理由かなと思います。姿勢もシャキッとしますし。

まとめ

普段意識しない骨や関節はたくさんあります。生活環境などで姿勢が崩れ、その骨を使わなくなると、だんだんと使い方を忘れてしまいます。この骨ストレッチは、自分で意識しながらエクササイズすることで本来もっていたであろう動きを取り戻す働きがあると思います。海老名ずずらん整体院でも、鎖骨へのアプローチを取り入れています。やはり鎖骨を調整すると、肩甲骨のみにアプローチする以上にイイ変化が身体に起こる事はよくありますね。肩こりや猫背に悩まれている方はこの骨ストレッチやる価値があると思いますよ!日課にいれてみてはいかがでしょう。

海老名すずらん整体院

 

「海老名すずらん整体院」の鎖骨への施術はこちら

Follow me!