目次
●整体って資格は必要?
●整体で目にする資格の種類

施術をするために、インターネットを検索すれば多種多様な場所が上がってくるでしょう。例えば、肩コリ・腰痛と検索してみると…
○○治療院○○接骨院○○カイロプラクティック○○鍼灸院

はっきりいって、どこに私は行けばいいのかサッパリ(+_+)

そんなことにならないように選び方を知る必要はあるでしょう。そこで、何回かに分けてよくある質問にお答えしていきたいと思います。

資格は必要なんですか?

資格についての質問はとても多くいただきます。海老名すずらん整体院でいうと、院長の杉村は『国家資格・柔道整復師』と『民間のトレーニング指導の資格』を所有しています。

ですが、整体院でいえば、資格はなくても開業することは可能です。

治療院で目にする資格の種類

国家資格

  • 柔道整復師
    骨折や脱臼、捻挫などを治療できる資格。接骨院整骨院の院長になれ、症状により保険を使う権利もあります。慢性的な症状より、足首を捻挫したり打撲をして腫れていたという急を要すような症状の場合に活躍する。
  • 鍼灸・あん摩マッサージ師
    鍼やお灸の治療をしてもよい資格。DRの同意があれば保険を用いて在宅マッサージを使うコトも可能。在宅医療は寝たきりの方や高齢の方に多く活用されます。
  • 理学療法士
    病院に勤務して、DRの指示の元適切なリハビリテーションを行う資格。例えば、膝にネジを入れる手術をした後の歩行訓練をする、脳梗塞の麻痺の改善を図るなど

団体・民間資格

  • アスレティックトレーナー
    スポーツ現場において、テーピングやアイシングなどの処置をおこなったり、スポーツ選手のコンディション作りのサポートをする知識や技術をもっている。
  • カイロプラクター
    骨の歪みなどを瞬間的な衝撃で動かしずれを直す。アメリカであれば国が指定した大学に通い取る資格ではあるが、日本では決められた取得方法はなく自称カイロプラクターという人も少なくない。中には、研究熱心で技術力に優れた先生もいるが当たり外れは大きいといえるかも知れない。
  • エステティシャン
    筋肉や関節などの知識は少ない方が多いが、肌のトラブルや顔、見た目の美しさについての知識を保有する美容のスペシャリスト。
  • 整体師
    技術を教えるスクールなどにより○○式といった肩書きを付与しているところはありますが、厳密に言うと整体師という資格は存在しません。極端な話、今、私が独自の理論でカラダをほぐす方法を見いだしたならそれは杉村式整体と名乗ることは可能です。

まとめ

資格でも、国家資格と民間資格に分かれます。たくさんの肩書きがあるから良い整体院と決めつけることは出来ないことを覚えておくとよいかもしれません。

また国家資格があるから良い整体院とも限りません。無資格でも技術や知識に長けた素晴らしい先生は多々いらっしゃいます。ですが、国家資格を取得するまでには最低でも3年以上はかかりますし、国が定めた国家試験をパスしているということは事実です。なので最低限の知識技術は保有していることの証明にはなるでしょう。

整体院を選ぶ際には、能力の平均値は国家資格取得者に分があるかなー程度にとどめるのがよいとおもいます。

●資格には国家資格と民間資格にわかれる
●資格の特徴が様々
●資格だけで整体の良し悪しを図るのは難しい

海老名すずらん整体院をもっと知りたい方はこちら

 

Follow me!