力こぶをつくるつよーい筋肉

上腕二頭筋 

【走行】始まり:肩甲骨関節上結節.鳥口突起→終わり:橈骨粗面.前腕筋膜

【作用】肘関節屈曲.前腕回外【支配神経】筋皮神経

 

肘を曲げる際に最も強力に作用する筋肉。バッグを持ったり、ドアノブを回すときなどに使います。肘を曲げる動作は日常至る所にあるので、意識しなくても使っている筋肉といえるでしょう。場所は簡単に把握することが可能肘を曲げて力こぶをつくってください。それが上腕二頭筋です。

この上腕二頭筋ですが、「二頭」筋とあるように、二つの筋肉の束が存在します。長い束が長頭、短い束が短頭といわれています。頭がある筋肉としては、二の腕の上腕三頭筋や、ももの大腿四頭筋なども存在します。

肩の痛みも引き起こす

上腕二頭筋は骨のくぼみに腱がはまっており、日常で負担が積み重なってくると痛みを引き起こすこともあります。これを上腕二頭筋長頭腱炎といい、ひどくなると肩を上げることも回すこともできなくなってしまいします。放っておけば、周囲の筋肉も固くなり年齢肩の要因となってしまうので要注意です。日頃からストレッチなどで肩甲骨や肩周りの筋肉をケアすることが大切です。

 

Follow me!