目次

  • スッキリ目覚めつためのコツとは
  • 幸せホルモン?
  • ストレッチの効果
  • 朝食の意味

あなたの目覚めはスッキリですか?グッタリですか?こんな経験ありませんか・・・

朝起きても、なんだかスイッチが入らない…気づいたらもうこんな時間!「あれもやらなきゃ」「仕事にいかなきゃ遅れちゃう」

もしスッキリと目覚められたら、どれだけ1日が快適になるでしょうか。

スッキリ目覚めるためのコツ

スッキリと目覚めるために必要なことは、

カラダに「さあ~今からあなたのカラダは動き始めるんですよ!」と教えてあげることから始まります。今回、目覚めに悩みのある方はこれからいう3つを毎日実行してみてください。

  • 朝起きたらまずカーテンを開ける
  • 少しでいいのでストレッチなどでカラダを動かす!
  • 朝食をしっかりとる!

えっ?当たり前すぎない…?!

そう思った方も多いことでしょう。この当たり前が意外と抜けてしまっている方こそ、スッキリならぬグッタリ目覚めのあなたです!

 

~いまから実践すべき朝の習慣~

1.光を浴びて幸せホルモンを呼び込む

カーテンを開けてみてください。朝、光を浴びることで、体内時計はスタートされ目覚めをカラダは自覚します。実は、光を浴びると人はセロトニンというホルモンが分泌されます。このセロトニン別名を幸せホルモンといい、活動を活発にする交感神経の働きを促します。それだけでなく、日中は睡眠の質を高めるメラトニンというホルモンを貯蓄する作用もあるんです。つまりセロトニンがあれば、目覚めと熟睡をも手に入れることができるのです!

2.ストレッチで体温上昇

よく仕事のできる社長さんは朝にカラダを動かすなんてことを雑誌なんかでも目にしますよね。走れとは言いませんのでご安心を!まずストレッチで体を動かしてみましょう♪どんなストレッチでもOK。腰を丸めたり脚を伸ばしたり、ちょっとした刺激を筋肉にいれることで体温が上昇しカラダにスイッチが入ります!たかがストレッチされどストレッチやってみる価値はありますね~

3.朝食を抜かない

人は食事をするだけでも熱を生み出す、「食事誘発性熱産生」という仕組みが備わっています。なにかしらの食事をすることで内臓にも1日のスイッチをいれるきっかけを作ることができます。なるべく決まった時間に、朝ご飯をとると体内リズムが整いやすくなるので自律神経をコントロールする効果も期待できます。

 

整体をはじめていくと、「疲れがとれやすい!」「睡眠の質が高まった」というお言葉なども多くいただけます。睡眠はカラダにとって重要。整体院でもカラダは整えられますが自分でできることもたくさんありますね♪今回も最後までお付き合いいただきましてありがとうございましたm(_ _)m

カラダは変わるカラダを変える。海老名すずらん整体院

Follow me!